【はじめに】

このゲーム 「Armored Trader 」(アーマードトレイダー)は もともと別の市販ゲームの基本システムをつかって遊ぶゲームとしてデザインされました。現在はオリジナルのゲームシステムを持った独立したゲームとなっています。
 ゲームの舞台になるのは大災厄 (The hazard)と呼ばれる終末戦争後の世界でほとんどの人々は死滅し、ほんの一握りの生き残った人々は、かつて繁栄を欲しいままににしていた都市の廃墟などに暮らしています。
 人々の住む都市近辺以外は、茫漠たる荒野が広がるばかりでハザード後に現れた 異変体のクリーチャーと呼ばれる怪物たちや僅かに残った通商路を襲うバンデット達の跳染する世界となってます。
 この世界でプレイヤー達は、通商路を行き来する 商人「トレイダー」やその護衛を生業とする 戦士「エスコート」、バイクや装甲バンで荒野を駆け抜ける「ドライバー」車輌やメカニカルな物を整備する「メカニック」賞金の懸かったバンデットやクリーチャを狩立てる「ハンター」といった役どころを演じます。

世界について

ハザードと呼ばれる終末戦争でのABC兵器 「核・生物・化学兵器」の乱用により、世界は変わり果てています。
殆どの大都市は破壊され尽くし、それ以外の地域も放射能汚染や生物兵器の影響を免れませんでした。
 今では残存放射能も減りある程度の環境は戻ってきていますが、もはや国家と呼べるものは存在していません。生き残った人々は、かつての都市の残骸に寄り集まって小さな自治都市とでも云うべきものを形成しています。
 あるいは荒野のあちこちに点在しているオアシスで暮らしています。
自治都市も オアシスも 標準化された統治形式というのは存在せず、何らかの実力者や組合が人々の集合体を運営しているに過ぎません。
かつての世界企業や超大国の面影はまったく残っておらず、最先端のテクノロジーの大部分も失われています。
もはや企業国家というものは殆どなく世界はかつての中世の様相を呈しつつあります。けれど終末は同時に新たな世界秩序の黎明です。
 一度分解されたことにより様々な機会が人々の上にもたらされました。
 人々はかつて世界がどうであったかということを知っています。
 企業や国家がどうであったのかを知っているのです。
それはまさしく力です。かつての中世から近世そして産業革命以降の世界への移行には様々な試行錯誤が繰り返されました。
 けれど今はその必要がありません この時代こそ一人一人の人間が己の才覚で成功することが出来る世界になりつつあるのです。

環境

ハザードで世界の地理的、生物化学的環境は大幅に変化しています。
世界の砂漠化が進み、電離層の大きな破壊と戦争で使用された電磁波障害物の影響で、電波による通信は極短距離以外はほとんど不可能になってしまいました。
また同時に こういった障害からシールドされた環境下になくてはコンピューターなどの電子機器も正常に動作しません。
 従って航空機なども計器飛行を行うことが出来ずパイロットの腕を頼る目視飛行だけしか行うことが出来ないのです。くわえて当然、航空機を商業ベースで運用していく管制システムも崩壊しており産業技術の後退による航空機の不足とあいまって実際の商業活動で航空機が使用されることは ほとんどありません。
今の世界の交易は、殆どが「トレイダー」と呼ばれる交易商人によってトラックなどを使って行われているのです。
さらに「トレイダー」による陸路の交易も多くのリスクを背負っています。都市を一歩離れれば そこに広がるのは危険に満ちた荒野だけです。 「バンデット」と呼ばれるならず者や ハザードの生物兵器使用による影響などで登場した新種の生物「クリーチャー」が徘徊しているのです。
こういった脅威から、我が身と大事な積み荷を守るために「トレイダー」は護衛として「エスコート」を雇います。
或いは何台かのトラックを連ねた「コンポイ」や複数の「トレイダー」が協力しあって「キャラバン」を構成することもしばしばあります。
「トレーダー」同士の助け合いには「トレイダーズギルド」が役に立ちます。


  • テスト書き込みです -- KAZ? 2017-05-16 (火) 23:16:10


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-23 (火) 23:03:53 (1861d)